キャッシング 審査

FEEL

どこのキャッシングを選ぶか迷ったら

今日中にお金が必要なんだけどどうしよう、という時に助かるのがキャッシングなんですが、今日中、というほどに急いでいる時は銀行系キャッシングではなく、消費者金融系キャッシングが一押しです。なぜなら、銀行系で当日振込というのは通常ありませんが、消費者金融ならば大手を選べばたいてい可能だからです。



また、自分のお仕事によってもどちらを選ぶべきかというのが変わってきます。パートで1ヶ月の収入が10万円ほどの女性ならば、銀行系キャッシングでは審査に通るのが難しいのが普通ですから、消費者金融系を断然おすすめします。

消費者金融ならばそのくらいの収入であっても、毎月安定した収入を得ているならば普通に融資してもらえる事が少なくないからです。

もちろん審査されるのは収入の事だけではなく、色々な要素がありますが、その人に返済能力がある、誠実な人柄である、と判断されれば融資にゴーサインがでるのが普通なのであまり心配しすぎずに申し込んでほしいと思います。

専業主婦にピッタリの銀行カードローン

パートもアルバイトもしていない専業主婦の場合、カードローンやキャッシングでお金を借りるのはとても大変なことですよね。

専業主婦でもOKと謳っている業者はほんの一握りに過ぎませんから、その少ない中からよりよい業者を選ばなくてはいけません。

そんな悩める専業主婦の方におすすめなのが、楽天銀行カードローンです。

このカードローンは、専業主婦でも安心して利用できる、無理なく返済できる商品設計が魅力のカードローンなんですよ。

最大50万円まで、金利は14.5%と専業主婦にピッタリの設計になっているのです。

収入証明書は不要で、すぐに借り入れをすることができますから、急な出費の際にも大変役立つと思います。

年会費、入会金は無料で、入会時にポイントを貰うことができますから、お得にカードローンを利用することができますね。

楽天銀行カードローンのサイトでは、専業主婦の方専用の申し込みページが設けてありますから、戸惑うことなくスムーズに借り入れまでを完了させることができますよ。

私が消費者金融に救われた時の話

私は新入社員時代に原因不明の腹痛が続いて体調不良がずっと続いていた時代がありました。

私はその時現在も勤めている会社に私立大学を卒業して新卒の新入社員として就職したばかりで、私の勤めている会社の厳しい新人研修や勉強会などで睡眠時間があまり摂れない状態が続いていました。



そんな状況が続く中、私は入社2ヶ月目に異様な腹部の痛みを感じる様になり、その痛みは胃薬を飲んでも治まらず、何らかの疾病が疑われましたが私は新人で会社の仕事に関係する事柄を色々と覚えなくてはいけない時期であり、中々病院に入院して治療を、とはとてもではありませんが、考えられなかったのです。



そして私は入社3ヶ月目に腹部の痛みに耐え切れなくなり入院したのですが、その時の病名が十二指腸潰瘍で、道理で胃薬を飲んでも効かなかったはずだ、と思いました。

そして3週間の入院後に退院して治療費を請求された私は消費者金融の店舗に行って治療費と入院費用を借りたい旨を申し出、審査に通ってお金を借りる事が出来たのでした。